夢かなう不思議な森の絵本ブランド
いやしの森
Forest of healing
いやしの森について

■トップページ

■事業のご案内

■絵本とぴょん

■ご購入の方法

■お問い合わせ


◇ギフト

◇卸取引

・絵本誕生の道のり ・ぴょんと仲間たち
前のページに戻る
ぴょんについて


ぴょん





「いらっしゃ〜い♪」



ぴょんについて


いやしのもり絵本に登場するぴょん。

ぴょんはうさぎのようでうさぎではありません。
子供のようで子供でもありません。

ではその正体は何なのでしょう。

西洋には妖精がいますが、日本にも昔から妖怪や小人などの不思議な生きものがいます。
ぴょんもその一種と言われています。

ぴょんという名で呼ばれるようになったのはいつの頃からなのか、誰が名付けたのかも定かではないですが、かなり昔から誰ともなくそう呼ぶようになったようです。

その姿は子供にしか見えませんが、大人でも純粋な子供の心に戻っている時には見えることもあり、出会った人に幸せをもたらします。

ぴょんはいつも現実世界と幻想世界を行き来しています。
寂しがっている子、泣いている子、悩んでいる子がいたら、どこからともなく現れて『いやしの森』という不思議な世界に連れて行き、心を癒し、夢と希望を与えてくれます。

ぴょんの性格は自由気ままで、たまにイタズラをします。
得意なことは大ジャンプで、足(逃げ足)も速いです。
好きなことはたくさんあり、特に絵画・手芸・旅行が好きなようです。

そんなちょっとふざけたおもしろいやつですが、もしどこかで出会った時には仲良くしてあげてくださいね。







このページのトップへ


Copyright(C)2019 いやしの森. All rights reserved.